ARCHIVES

RECENT POSTS

CATEGORIES

Archive for August, 2008

DIY・・・

Sunday, August 31st, 2008

フレームが折れそうだったから、鉄板貼っつけて塗っちゃった。

YES !! DO IT YOURSELF !

STAR・・・

Saturday, August 30th, 2008

  

     「キューバ」           「プエルトリコ」           「アメリカ」 

 

キューバ、プエルトリコは旗が色違いで有名。

その繋がりがまた密接・・・

話が長くなりそうだから手短に話すと、独立の象徴を色に例えるとトリコロールカラーが多く使われる。

もちろんアメリカの国旗も。

SHAPES STOREのホームページもそう・・・

そんでもってキューバで言えばカストロやチェ・ゲバラのようにかっこいい生き方をしてる人、

プエルトリコではニューヨークに住むニューヨリカン達の存在感のでかさも際立つ。

 

国旗もかっこいいし・・・

 

「日の丸」も「日の星」とかにしちゃったら駄目でしょうか。

 

そして「星」と名が付く国歌と言いうと・・・

こちらですが、この大国で話題の縄張り争いもまだまだ先が続くようで・・・

オバマvsマケイン・・・

つーか、ミシェルvsマケインでもいいのかな、と。

シカゴのゲットー、サウスセントラル出身ってことでオバ妻が強力な助っ人で

あることは間違いないと思われる。

 

ちなみにオバマトランプは完売しました。あしからず・・・

OLD & NEW

Friday, August 29th, 2008

DEADLINE BKLYN ZOO TEEーSHIRTS」¥5040 from SHAPES STORE

TEEーSHIRTSってアンダーウエア並みに洗濯の頻度が多い・・・

洗えば洗うほどプリントが薄れてきたり、素材もフニャッとしてくる。

そこに味がでてきて、いい感じに長く愛用できるデザインもあれば、新品同様に変化がないほうが

いいデザインのTEEもあるんじゃないかな、と。

 

ちなみに上のTEEーSHIRTS、上段が店頭にて販売してる品。

下段が上段と同じものですが、毎週鉄板でローテーション入りの活躍をしている私物バージョン。

 

最近こちらのフォトプリントの色落ち具合がたまりません。

綺麗なままのプリントはもちろんいいですが、TEEーSHIRTSのデザインと共にオールド感漂う

風合いになっていく物ってのもいい。

 

色違い揃えてもいいな・・・

BEER !

Thursday, August 28th, 2008

きのうは焼き鳥やで冷奴を堪能しました。

 

ということで、話を切り替えます。

 

友達とコンビニなんかでビールを買ってきてベンチで乾杯!

夏場は仕事帰りにこんなのすると最高とか、言われます。

 

ビールと言えば、自分ごとですが低プライス加減が最高の発泡酒の割合が多いです。

うまい、まずいなんてのは時間の経過と共によくわからなくなるわけで・・・ 

だからってことはないんだけど、ついついアメリカでも低プライスなビールを飲んでる割合が多い。

 

 「COLT45」

はい、庶民にやさしい素敵な飲み物。

というか、日本の発泡酒と比べると正直うまくないけど・・・

十分です。

酔えば都とか言うし(言いません)・・・

CHICAGO BULLS 33

Wednesday, August 27th, 2008

ブルズ黄金期を支えた永久欠番「33」

彼なくしてはジョーダンが作り上げた数々の偉業は完成し得なかったのではないだろうか。

ブルズ、ジョーダン=ピペン。

類まれなる高いポテンシャルを持つ、まさしくNBA史上屈指のオールラウンドプレーヤー。

時に最高のプレーを演出し、時に子供のような態度でそっぽむくその姿。

嫌いじゃない・・・

そう彼の名は「スコッティー・ピッペン

 

時代、チームを超えたマッチアップが叶うとしたら・・・

 

ドクターJこと「ジュリアス・アービングvsピペン」

オールスターで対戦はしてるけど、レギュラーシーズンでの「ジョーダンvsピペン」

 ピペンなら・・・

見てっ。

 

ピペンといえば、このKICKSが・・・

 

JUXTAPOZ !!

Tuesday, August 26th, 2008

JUXPATOZ

おもろいです。

今回はNEW YORK GRAFFITY特集。

いつにもまして興味をそそられる内容。

1997年の発行から現在に至るまで、様々なカルチャーとマニアックな内容にスポットを当て続ける

US産の良質なマガジン。

毎回フューチャーするアーティストによるグラフィティーやフォトなどの表紙もいい感じ!

 

JULY2006 「phil frost cover」         NOVEMBER2006 「cartoon cover」            

 

MAY2008「SUBSCRIBER cover」      FALL1998「SHEPARD FAIREYetc cover」

 

SHAPES STOREには前の号(私物)とかちらほら置いてるので興味ある方は一声おかけください。

DO IT YOURSELF!

Monday, August 25th, 2008

渋谷ゆり」さん、「PAI」さんとSHAPES STOREではお馴染みであるアーティストさんの

「ZINE」を取り扱いしていますが、以前SLOGでも紹介していた「DISKAH」さんのZINEも

新たに取り扱いを開始してます。

 

いろいろ知ってくと面白くなってく場合って多々あります。

いわゆる掘りさげてくってこと。

自分の知らない世界やルーツ、背景、景色、様々なカルチャーを「ZINE」って名のフィルターに通す。

いつの間にか点と点とが結びつく・・・

そんなのが好きな方に「ZINE」お薦めします。

 

今回はみなさんに少しでも「ZINE」を身近に感じていただいきたいと思い、アーティストさんの

詳細などを御紹介しようかな、と・・・

今回はニューカマーってことで「DISKAH」さんを御紹介!

==================================================================================

「DISKAH aka DEE」

OWN、MUR、BARNSTORMERSに所属
東京都出身

生まれつき独眼。

作品の多くはスケートボードの体験から派生、独自の手法や独特なドローイング、ペインティングで表現。

主にアクリル絵具、水性絵具、墨汁、鉛筆、ボールペン、マーカー、スプレイを使ってオリジナルキャラクターやレタリング、ステンシル、写真等を用い独自の空気感をMIXED MEDIAで表現する。

96年、独学で写真を始め、同時に自身の眼に映るカルチャーをドキュメントするようになる。

2006年にアートデイズから処女写真集「オリジナルワールドネットワーカー」をリリース。

スケートボーダーとしてVANS、KC RUBBER、KNOW1EDGE、ZIJIROTIONからサポートを受けている

 <EDITORIAL>                               <ADVERTISING>                 <MUSIC>
DRAWAMOK MAGAZINE                TBC                                      HI-STANDARD
DUNE                                             EDWIN                                  STANCE PUNKS
OCEANS                                        I-PATH
ROLLING STONE(JAPAN)                NIKE
sb
THEME MAGAZINE(USA)

<DESIGN>
ANTILOCK. AREth. CASIO. FREERUN. FRM. GRAVIS. KNOW1EDGE. NOZOMI ISHIGURO. OUTFLOW. RUTA. SAUCONY. SPACE LAB YELLOW. STORMY.SUFFER. THIS TIME inc. UG. WOODEN TOY. Z-FLEX. ZERO MAGAZINE.

<ARTIST>
マット ロドリゲス、クライド シングルトン、高橋 盾、スカーレット ヨハンセン、
MADサキ、田島 貴男(オリジナル ラブ)、金延 幸子

==================================================================================

渋谷ゆりさん、PAIさんのZINEは只今完売してますが、DISKAHさんの新しい「ZINE」は

 店頭にて販売中です。

PEACE